これで解決!大人のマナー情報サイト

ご挨拶から焼香まで、葬儀での失礼のない立ち振る舞い

通夜の流れと知っておきたいマナー

通夜は親しい友人や、会社関係、近所の方々などが参列する故人と過ごす最後の夜の儀式です。
通夜は一般的に夕方18時頃から始まります。
突然の訃報で駆けつける場合にも、30分程度の遅れなら焼香に間に合うため、遅れても駆けつけるのがマナーです。
受付ではまず「心からお悔やみ申しあげます」とお悔みの言葉を述べ、記帳をし、香典を渡します。
香典はふくさに包み、渡す際に取り出すと丁寧な印象になります。
むき出しで持つ事はマナー違反となりますので、注意しましょう。

通夜が始まると、読経、焼香、法話と進みます。
そして通夜終了後は親しい弔問客が故人を偲んで食事をする「通夜振る舞い」があるのが一般的です。
この「通夜振る舞い」には生前親しかった親族、知人が集まり故人との思い出話をしながら最後の夜を過ごす時です。
弔いや慰めの意味がありますので、故人に関係のない話や、盛り上がりすぎるのはマナー違反ですので注意しましょう。

葬儀、告別式の流れと知っておきたいマナー

一般的にお葬式には「葬儀」と「告別式」があり、葬儀は故人をあの世へ送るための宗教的儀式に対し、告別式は最後のお別れの会という意味合いがあります。

通夜とは違い、日中に執り行われる事が一般的で、仕事の都合などで通夜のみの参列の方も多くなっています。
そのため、お葬式はごく近しい間柄の遺族や親族、友人が参列します。

まずは受付で香典、記帳を済ませ着席します。
通夜とお葬式の両方に参列する場合には、香典はどちらかでお渡しすれば問題ありません。

葬儀の流れは宗派によっても異なりますが、一般的には読経、焼香、花入れの義、釘打ちの義と進み、遺族、親族意外は出棺で故人との最後のお別れとなります。
火葬は遺族、親族のみで執り行われます。

基本的なマナーは通夜と大きく変わりませんが、遺族、親族の方々に失礼のないよう、最低限のマナーに気を付けて、きちんとお悔みの気持ちをお伝えしましょう。


TOPへ戻る