これで解決!大人のマナー情報サイト

葬儀に参列する時に忘れてはいけない持ち物

香典の包み方と、供花や弔電の送り方

香典とは、故人の霊前に供える線香やお花の代わりや弔慰金の意味合いがあります。
一般的に通夜、もしくは葬儀の際に持参して渡すのが正しいタイミングです。

香典の金額に決まりはありませんが、一般的な相場は、故人が職場関係や、友人知人であれば5千円~1万円程度。
故人が親族の場合の一般的な相場は、両親であれば5万円~10万円程度。
親族であれば1万円~5万円程度と、血縁関係や間柄によってもその額は変わります。
また、不祝儀はご祝儀と違い、新札は予め用意していたようでマナー違反となります。
新札ではないお札を入れましょう。

最近では、コンビニなどでも購入できる不祝儀袋ですが、ご自身の名前は、毛筆を使用し、薄墨で書くことをおすすめします。
「悲しみの涙で滲んでしまった」という意味が込められています。
不祝儀袋を葬儀に持参する際には、ふくさに包んで持ち歩くのがマナーです。

参列はできないけれど、お悔みを伝えたい

突然の訃報で葬儀に参加できない事もあるでしょう。
そんな場合には、供花や弔電でお悔みの気持ちを伝えることができます。

供花とは、棺の周りを彩るようにお供えされるお花のことで、霊を慰める意味合いがあります。
誰でも送ることができますが、辞退される場合もあるため、遺族の了承を得てから手配をしましょう。
供花の手配は、葬儀を行う葬儀社へ依頼をするのがスムーズです。

また、供花には名前の記載がありますので、個人名なのか、会社名、または連名などきちんと指定しましょう。
連名の場合は「友人一同」などでも構いません。

急な訃報で駆けつけることや、お花の手配も難しい場合には、弔電もおすすめです。
遠方で参列できない場合などにも送られる事が多い電報の一種で、インターネットや電話から申込が可能です。
式典開始前に届くように指定しましょう。


TOPへ戻る