これで解決!大人のマナー情報サイト

まずは基本!通夜・告別式の意味と参列マナー

葬儀に参列する際に失礼のない服装とは?

男性も女性も、葬儀に参列する際には基本は喪服を着用します。
ただし、お通夜の場合は「急いで駆けつける」という意味から、完全な喪服ではなく、男性であればダークスーツや、地味な色味のワンピースなどでも失礼にはあたりません。
そもそも喪服と黒のスーツ、またはワンピースなどとは黒色の深みが異なります。
黒の色が深い、漆黒ほど格式の高い喪服とされています。

男性の場合、喪服の準備が間に合わず、やむを得ずダークスーツなどの平服で参列する場合には、なるべく地味な色味の小物を選びましょう。

女性の場合はブラックフォーマルドレス、またはブラックスーツが一般的です。
ドレスやワンピースの場合、スカートの丈には注意しましょう。短くても膝が隠れるものを選び、なるべく露出の少ない服装を心がけましょう。

急な訃報が入っても対応できるよう、一着はきちんとした喪服を準備しておくといいですね。

小物やメイクもぬかりなく

喪服に合わせる小物にも、きちんと気を配るのが大人のマナーですね。
男性の喪服に合わせるシャツは白の無地、ネクタイと靴下は黒の無地が基本です。
靴は金具や光沢のないものを選びましょう。
見落としがちなカフスやネクタイピンも、華美なものは避けるのがベター。

女性のブラックフォーマルドレスに合わせる小物は、基本的に結婚指輪意外の華美なアクセサリーは控え、付ける場合には白または黒のパールネックレスを選びましょう。
気を付けるポイントは1連のネックレスにすること。
2連、3連は不幸が重なることを連想させるためふさわしくないとされています。
メイクはナチュラルメイクを基本に、派手な色味を避け、ベージュ系のシンプルなメイクを心がけましょう。

靴は男女ともに光沢のない黒を選び、女性はピンヒールではないパンプスが一般的です。
コートは「殺生」を意味する毛皮や革を身に着けないよう注意しましょう。


TOPへ戻る